マイベイビーの大敵でもある乳児湿疹を防ぐコツ

赤ちゃんに多いトラブル

赤ちゃんの手

赤ちゃんの肌は肌理が細かく、とても綺麗な印象があります。しかし、実は肌のケアをおざなりにすると、乳児湿疹ができやすくなります。これは、体や顔などにできる赤ちゃん特有の湿疹のことを言います。赤く腫れてしまったり、炎症でジュクジュクしているものなど様々なタイプがあります。乳児湿疹ができる主な理由は、皮膚から過剰に皮脂が分泌するからです。赤ちゃんは、新陳代謝が激しく、大人よりも皮脂分泌が盛んです。そのため、お風呂で皮膚を清潔に洗わないと、過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まります。そして、皮脂に雑菌が繁殖する事で乳児湿疹が生じやすくなるのです。また、乳児湿疹ができた肌は乾燥しやすく、外部からの刺激にとても弱くなります。なので、赤ちゃんの肌を健全に保つには、お風呂できれいに洗って保湿することが大事です。

赤ちゃんにできる乳児湿疹を防ぐには、きちんと体を洗って保湿ケアを行う事が大事です。保湿ケアを行う事で、乾燥しやすい赤ちゃんの皮膚に潤いを与えてくれるからです。それで、過剰に皮脂が分泌されるのを防いでくれます。ただ保湿ケアをする際には、必ず赤ちゃん用の保湿ローションを選ばないといけないです。お母さんの中には、面倒だからといって自分が使うローションを赤ちゃんに塗る人がいます。同じローションなので効果があると思いがちですが、大人用には多量の添加物が含まれています。なので、デリケートな赤ちゃんに使うと強い刺激となってしまうのです。ドラッグストア、ベビーショップには、赤ちゃん専用の保湿ローションが販売されています。低刺激で保存料などの添加物が一切入っていないので、優しくケアができます。

買い物のコツ

赤子

初めての妊娠・出産では赤ちゃんのものをどれだけ揃えればよいのか迷ってしまうものです。ついつい必要ないものまで買ってしまうと、結局使わなかったということにもなりかねません。通販では注文して翌日に届くものもあります。必要になってから買い足すときにも便利です。

More Detail

月齢に合わせ正しく使う

乳児と母親

大切な赤ちゃんを守る抱っこ紐にはメーカーによって特徴が異なります。注意したいのは月齢がどれくらいの時期から使用できるのかを確認することです。また、各メーカーが得意とする使い方や安全性を吟味して、子育てスタイルにあった抱っこ紐を選ぶようにしましょう。

More Detail

美味しいお水でミルク作り

ウォーターサーバー

ウォーターサーバーは赤ちゃんを育てるご家庭であれば、間違いなく活躍するシステムであると言えるでしょう。赤ちゃんを連れて重たいお水を購入しに行く手間も省けますし、好きなときに美味しいお水を利用できることは家族みんなの健康を考えても利点ばかりです。

More Detail